女性ホルモン剤でバストアップ効果が出ることも!?

女性ホルモンを利用してバストアップ効果も期待できるってホント?必ずバストアップ効果は得られる? - 女性ホルモン剤でバストアップ効果が出ることも!?

女性ホルモン剤でバストアップ効果が出ることも!?

女性ホルモンという言葉を聞いたことがありますか?なんとなく女性が持っているホルモンだということはわかると思いますが、実は女性にとって美容全般に関わる非常に大切なホルモンなのです。このホルモンの分泌が私たちの体に大きな影響を与えています。

女性ホルモンは2種類ある

女性ホルモンと一言で言っても、その種類には2種類あります。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。これらのホルモンを合わせて女性ホルモンと呼んでいるのです。エストロゲン(卵胞ホルモン)は主に女性らしい体つくり、髪を増やしたり、肌に潤いを保つなどの効果があります。一方、プロゲステロン(黄体ホルモン)は受精卵が着床しやすいようにする、胎盤の状態を安定させる、基礎体温を上げるなど妊娠期の女性を支える働きをします。黄体ホルモンは嬉しい働きだけでなく、生理前の乳房のハリや肩こり、イライラなどの原因にもなることがあるのも特徴です。

女性ホルモンとバストサイズの関係とは?

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、女性を女性らしくするホルモンで、体のラインを丸くしたり、肌に潤いを与えたりします。このエストロゲンは女性のバストを構成している乳腺に働きかけて乳腺を発達させる働きがあるのです。乳腺が発達するとそれを支えるために周りに脂肪がついていきます。その脂肪が増えることでバストアップするのです。つまり、エストロゲンの分泌を促すことができれば、自然とバストアップが期待できるということです。エストロゲンは質の良い睡眠や、アミノ酸をしっかり補給することで分泌を促すことができます。食事や睡眠次第で自分のバストサイズは変えられるのです。

女性ホルモン剤を使うのはどんな時?

若いうちは、女性ホルモンが自然と体の中で作られており、外部から摂取する必要はありません。しかし、加齢に伴いその分泌量は変化していきます。女性ホルモン剤を医師から処方される場合は、更年期障害の治療であることが多いです。更年期障害とは40、50代の女性に多く、ホルモンバランスの乱れから身体的、精神的な不調を感じることを指します。女性ホルモンは40代から急激に分泌が減り、その結果、今までとは違う体の変化を感じるようになるのです。その症状を改善するために女性ホルモン剤が処方されます。もちろん治療用で処方されるので医師の判断のもと安心して使用できます。しかし、先ほど説明したように女性ホルモンにはバストアップの効果があるので、その際に意図せずバストアップしてしまうことがあるようです。

自己判断での使用は危険!あくまでも治療用であることを認識しよう

thryjsj女性ホルモン剤は更年期障害の治療用で処方される薬です。自己判断で乱用してしまうと副作用が出てしまう可能性もあります。副作用の代表としては、ガンの発生率上昇、食欲減退、頭痛、嘔吐、汗が出る、むくむなどがあります。ガンの発生率が上がるというのは衝撃ですね。バストアップとガンの発生率は天秤にはかけられません。健康が一番です。女性ホルモン剤は海外で売られているものを輸入することはできますが、バストアップの為だけに女性ホルモン剤を使うということは危険が伴いますので、おすすめできません。治療用に処方されたもので結果、バストアップしてしまうことはあるので使用したいという人もいるかもしれませんが、生活習慣の改善で女性ホルモンの分泌を促すことはできますので、その方法での目標達成をおすすめします。

新着情報

◆2016/08/18
女性ホルモン剤でバストアップ効果が出ることも!?の情報を更新しました。
◆2016/08/18
基本ケアにプラスアルファでより大幅なサイズアップを目指すの情報を更新しました。
◆2016/08/18
女性ホルモン剤とバストアップの関係の情報を更新しました。
◆2016/08/08
企業概要を新規投稿しました。
◆2016/08/08
日本人女性の平均的なバストサイズと女性男性それぞれの理想の情報を更新しました。